家賃が下がりやすいシーズン

家賃 (2)

不動産会社にとっての繁忙期

不動産会社にとってもっとも繁忙期となるのが3月から4月頭の新年度シーズンであることは周知の事実です。
このタイミングでは企業の異動シーズンや新社会人や新入学生の一人暮らしのシーズンでもあるために、引越しや新居を探すという人が多いのです。

この季節は、引っ越しをして新居での生活を始めなければ学校や仕事に支障をきたしてしまうため、家賃や間取り、周辺環境で少しの妥協をしてでも入居をする人がいます。
そして、同様に引っ越し会社も繁忙期であるため予約を取るのが難しいことも多くあります。

このように新年度の繁忙期には多くの人が物件を求めているので不動産会社も強気の営業をいてくることが多くあります。
家賃交渉をすれば普段は値下げをするような物件でも値下げをしないこともありますし、不動産会社によっては一時的に家賃の値上げをして物件広告を出すこともあります。

繁忙期の引っ越しはこのように家賃や間取り、環境の面で妥協が必要となると、逆に閑散期であれば理想的な物件に出会える可能性も出てくるということが考えられます。
引越し時期を調整できる場合には、少しでも条件の良い物件に住むためにこのような閑散期を狙うという方法があります。

不動産業界の閑散期

不動産業界にとっての最も繁忙期というのは、新年度開始の3月から4月の頭にかけてですが、早い人は年明けから内示がされたり新年度準備が始まります。
そのため、年末から年明けの3月くらいまでは継続して物件の入れ替わりがあります。

次に忙しいのが人事異動や結婚式が多い9月から年末までの時期です。
そのため、9月から翌年の3月までは恒常的に空き物件が新しい入居者が入ることが多くあると言えます。
このシーズン以外の4月上旬から9月上旬までのシーズンを閑散期ということができます。

そのため、言い換えると9月から4月の上旬までに入居者が見つからなかった物件は、9月までの5か月間近く新しい借り手がつかない可能性が出てきてしまいます。
そこで、この季節には物件開始にはとてもお勧めな季節です。

閑散期であるので、不動産会社を訪れる人も少ないので親身になってゆっくり話を聞いてもらうことができることも多いです。
また、敷金や礼金、家賃の値下げ交渉がしやすいですし、実際に値下げが行われるような場面があります。

不動産業界の閑散期と同じく、引越し業者も閑散期を迎えているのでその料金を抑えることができる場合が多いです。
料金もトップシーズンに比べて半額程度に抑えられることもありますし、引越し日や時間についても都合がつけやすいことが多いです。

このように、閑散期に入居時期をずらすことでたくさんメリットが得られることがあります。
無理にトップシーズンに引越し時期を調整してあまり納得できない物件に住むならば、通勤や通学で少し無理をすれば引越し時期をずらせるようであれば閑散期に引っ越しをしたほうが納得出来る物件に住むことができなおかつ引っ越し費用を大幅に抑えることができることもあるのです。