東京周辺の家賃が安いエリアを紹介

家賃が安いエリア

生活費が高い

地方に住んでいる人は、人生の中で一度は東京の都心に住んでみたいと思ったことがあるものです。
しかし、実際に進学や就職で東京に住むことになった時に都心に住もうと思うとなかなか大変なものです。
地代が高いために家賃も高いですし、物価が高いために生活費も一ヶ月分の費用が地方とは比べものにならないようなお金がかかってしまうことが多いですし、家賃を下げるととても狭い部屋やバストイレ無しといった条件の悪い物件に住まなければならないこともあります。

このように一般的な一人暮らしの物件に住もうとした際に、家賃も生活費も高いとなると東京に住むのは難しいのだと思う人も多いものです。
しかし、関東には電車とバスの交通網が発達しており都心に住まなくてもすぐに出られる場所に住むということはできます。

そのため、都内には都心にすぐ足を運べ、なおかつ家賃が安いというエリアがあるのです。
都内に住みたいと思っていても、月々の生活費のことを考えると難しいと思う人も多くいますが、しっかりとリサーチをすると予算の範囲内で都心の近くに住むこともできる場合があるのです。

都心に近く家賃の低いエリア

東京都内で家賃の安いエリアと聞くと23区外の場所をイメージする人が多くいます。
しかし、23区内にもリーズナブルな家賃相場エリアであり、なおかつ都心へのアクセスも良い場所が色々とあります。

最近では家賃相場のランキングも出されています。
そのランキングには23区内のみのものや23区外も含むもの、一人暮らし物件やファミリー向け物件など生活様式ごとのものがあります。
このように様々なランキングがあるために自分の住みたい形式の物件がどの土地で相場が安いかを知ることができます。

また、都心へのアクセスが30分以内とした場合、東京都内に限らず隣接している神奈川や千葉、埼玉に住むという選択肢もあります。
移動時間は必要となりますが、都心から少し離れること、東京都を出ることで家賃も低めで条件が良い物件の選択肢も増えます。
東京都内でなくても周辺であれば良いという場合には、東京近県の地域から住む場所を選ぶというのもオススメです。