シェアハウスの活用

シェアハウス

複数人で住む

最近、新しい居住形態としてシェアハウスが流行しています。
シェアハウスは寮や下宿生活の現代版のようなものです。
はじめから複数人と共同生活をすることを目的として建てられており、お風呂やトイレ、キッチンといったスペースは共用で自分の部屋は個室として用意されています。

共用スペースを作ることで一人暮らしの部屋では用意できない設備を入れられ、なおかつ相場の一人暮らし用のアパートと同等の家賃で住むことができるものが多いです。
一昔前まではこのような共同生活の場は自由が少ないと敬遠されていましたが、最近はシェアハウスを舞台にしたテレビ番組が放送されたことでそのメリットが再注目されるようになっています。

シェアハウス生活で節約

シェアハウスに住むメリットは、同程度の条件の物件に比べてリーズナブルな物件が多いことです。
大きなキッチンや、バストイレ別の洗面所、大きなテレビなど、一人暮らしではなかなか住むことのできない充実した設備でありながら、一人暮らしと同じくらいの家賃で生活できるためコストパフォーマンスの良さが挙げられます。
また、水光熱費が含まれていたり定額制のことも多いですし、インターネット環境も整っていることが多いです。

そのため、家賃が少し相場よりも高めであったとしてもこのような公共料金もトータルすると割安なことも多いですし、手続きの手間もなくて済みます。
入居の手続きも手軽な場合が多いですし、入居にあたっては入会金や入居料といったものは必要ですが、敷金礼金よりはリーズナブルです。
そして、最低限の家具や家電も揃っているので一人暮らしを始めるにあたっての準備物も必要ないのでトータルすると普通に一人暮らしを始めるよりも少ない経費で生活をすることができます。
こちらのサイトはシェアハウス探しに便利ですので興味のある方はぜひご覧ください。
>>シェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス

また、シェアハウスのもう一つの魅力として様々な人と知り合える点があります。
様々な職種の人や生活環境の人が日本人だけでなく外国人も集まります。
そのため、一緒に生活するだけで、様々な知識や価値観が学ぶことが可能です。

共用スペースに入れば入居者と話すことができますから、外出をしなくてもシェアハウス内にいるだけで十分楽しい時間が過ごせます。
また、シェアハウス内では自炊している人も多いですし誰かとハウス内で食事できる機会も多いので、それが刺激となり自炊を頑張るモチベーションが保ちやすいです。
外出が減れば無駄遣いも減りますし、自炊すれば食費も抑えられます。

また、入居者の中には外国人がいるシェアハウスもありますし、料理やその他の趣味に長けている人もいることが多いです。
そのため入居している人に英語を習ったり料理や裁縫、楽器といったのを習うこともできますしパソコンのわからないところを聞くこともできます。
このように、誰かに習うことができれば習い事に通う費用を抑えることも可能です。

シェアハウスに住むことで、このように様々な面から節約効果を得ることが可能です。
たくさんの刺激を受け内面に萌えられるものが多く、なおかつ節約ができるのでとてもお得な生活ができると言えます。