光熱費の管理ができるアプリとおすすめ格安SIM

光熱費

節約と家計簿

節約するためには家計簿をつけるのが必須であると思われがちです。
しかし、家計簿をつけていなくても節約が出来ている人はいますし、家計簿をつけていても節約が出来ていないという人もいます。
家計簿の落とし穴に記録をつけただけで満足をしてしまうというものがあります。

毎日の買い物の内容を記録として書いたりパソコンに入力するというのは手間もかかるものですし、持続するのが大変なのでそれだけで十分成果が出ると思いがちです。
しかし、家計簿が大事なのは記録するだけでなくその記録を見て分析をすることなのです。
無駄遣いがないか、収入と支出のバランスがどのようになっているかというのを見て翌月にその反省を生かすことが大事なのです。

光熱費の管理ができるアプリ

最近では便利なアプリがたくさんあり、家計簿アプリもその中の一つです。
家計簿アプリには様々なものがあり、入力すればアプリが集計や無駄遣い、分析というような作業をしてくれるのでとても便利です。
しかし、最初から家計の支出全てをアプリで管理するのは大変ですから、まずは光熱費の管理から始めることがお勧めです。

光熱費の管理をするアプリは様々なものがありますが、その中から自分に合ったものを探すこと、使いやすいことが長続きさせることと節約することには重要です。
見やすさや、入力しやすさというのは使ってみないとわからないですから、まずは試してみて自分に合ったものを選ぶのがお勧めです。
また、口コミと利用しているユーザー数も参考にしてみると、自分の気付いていない使用感やメリットやデメリットにも気付けるのでより自分にあったものを選びやすいです。

アプリで管理するメリットはすぐに入力できて見直しができるところです。
請求書や使用量のお知らせが来たらすぐにアプリで入力できますし、その場で比較もできます。

そして、アプリの便利なところは自分だけでなく同じアプリの利用者の光熱費を見ることができる点です。
他の人の使用状況を見ることで、より反省しやすいですし節約の励みにもなりますからぜひ活用したい機能です。

通信費を安くする格安SIM・スマホ

光熱費だけではなく通信費も格安SIMや格安スマホの活用で安く抑えることが出来ます。

通常の大手キャリアで契約をした場合、月々の料金は平均6,000~8,000円と言われています。
ですが、格安SIMや格安スマホにすることで、安ければ2,000~4,000円ほど料金を下げることが可能となっています。

そんなメリットが多い格安SIMや格安スマホですが、一口に格安SIMと言っても様々なものがあり、どれにしたらいいのか迷ってしまう人も多いはずです。
格安SIMなどの契約には3パターンあり、1つはネットでしか契約ができないもの、もう1つはネットでも店舗でも契約できるものの3つです。

ネットでしか契約ができない格安SIM・スマホは月額料金がかなり安く設定されていることがあるのが売りです。しかし初めて契約する会社の場合、説明不足のまま契約しトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そうした格安SIMやスマホの問題点を失くすために店舗でも契約できる会社が増えてきています。
その筆頭として、大手家電量販店でもあるビックカメラです。

ビックカメラであれば全国各地に店舗があり、店員さんも多くいるのでわからないことや細かいことを直接聞くことが出来ます。

料金プランの悩みやどの格安スマホにしたらいいのかなどを聞けるので納得して購入することができます。
初めて格安スマホに買い替えるという人は、こうした家電量販店の窓口で購入できるものにすると安心でしょう。
格安SIMやスマホが気になるという人は、ぜひ以下のサイトをご確認してみてください。

– 参考サイト –
家計簿マネーフォワード ME
ビックシム|格安SIM・格安スマホ